スケールを練習する意味って?実は楽器が上達する一番の近道かも

こんばんは。クラリネット奏者の安藤綾花(@matsuricoffee)です。

 

まつり
早速ですが、みなさん!なぜスケール(音階)の練習をすると思いますか?

先輩がしているから?

先生にやりなさいと言われたから?

指を早く動かすため?

きっといろんな理由があるはずですが、「何のためにしているか」を考えたことって、実はあまりないのではないのでしょうか。

 

何のためにスケールを練習するの?

趣味で習いに来ている生徒さんにも、音大受験をしたい・プロを目指している生徒さんにも、必ずスケール練習をするように私は伝えています。誰かに言われなくても、きっとほとんどの方はスケール練習をしていますよね。

私は、持ち替え楽器(フルートとサックス)も練習しています。ロングトーンをし大体の指使いも覚え、奏法も安定してきたら、スケール練習も取り入れます。

楽器によって鳴りやすい音、鳴りにくい音が違ったり、特定の音だけ音程が下がってしまったり上がってしまうことが多々あります。それを、「すべての音が均等に並ぶように」じっくりじっくり、ひとつひとつの音と向き合います。全調できるようになるころにはどの音もスムーズに操れるようになっているはず。

そうなんです、スケール練習をするときには「指を早く、スムーズに動かすための練習」だけではなく、「すべての音が均等に並ぶように」練習するのがひとつのポイントだと私は考えます。

楽器が上手になる要素ってたくさんたくさんあるのですが、極端に言うとスケールさえしっかりと練習すれば、かなりのレベルまで上達できると思っています…!

 

モーツァルトが作曲した「クラリネット協奏曲」なんて、ほとんどがスケール(とアルペジオ(分散和音))で出来ているんですよ…!スケールが上手に吹ければこっちのもんです!!笑

(いや、そのはずなのに、ぜんぜん上手く吹けなくて、学生の頃に狂ったように練習してました。。。
結局スケールの時点で上手じゃなかったんだなと痛感しました。ごめんなさい、先生。)

 

それでは、今日はハ長調を練習するとします。

移調楽器の場合は自分の楽器のドレミファソラシドだと思ってください。(クラリネットの場合は実音B♭-durになりますね。)

どの楽器の人も一番最初に取り組む調だと思うので吹けない!なんてことはないと思いますが、今までよりもかなり時間をかけて練習することになりますよー!ついてきてくださいね。

 

1.隣同士の音を比べてみよう

①ドの音を自分が出せる一番いい音で吹きます。
もしドレミファソラシドの中でドよりもいい音が出る音があったら、その音から始めてもいいです。

②次にドを吹いてスラーでつなげたまま、レを吹いてみます。
自分の耳を使ってこの二音をよーく比べてみましょう。どうですか?

音量や音色、音の抜け方、、同じように聞こえますか?

テンポはこれらが確認できるくらいのテンポが良いです。あまり早くても聞き取れないので、4分音符60、一つの音に2拍程度かけます。(メトロノームはかけなくてもいいです。)

もし自分の耳で判断するのが難しかったら、友達に聞いてもいいし、録音したものを聞いても助けになると思います。

③チューナーを使って音単体の音程もチェックしてみてください。

④ドとレの音の間にも注目。
指の使い方のせいで違う音が入ってしまっていないか、レの音になった瞬間に引っ込んでしまってないか、飛び出てしまってないか、など、より滑らかにつながるようによくよく聞いてください。

そうしてドとレが均等に並ぶようになったら、「ドレ」の上りパターン、「レド」の下りパターンも練習します。

 

2.音を増やす

次に、ドとレとミまで、スラーでつなげて練習します。

上記と同様に、この3つの音が均等に並んでいるか、上に挙げた様々な観点からよく聞きます。

ドレミ、ミレドの上り・下り両パターンを練習します。

 

3.スケールを全部吹いてみる

1と2を繰り返してスケールの一オクターブ分を終えたらドレミファソラシドを上って下って吹いてみましょう。

これまでと同様にスラーで、ゆっくり。この時にはメトロノームもつけて、正確に指が動くようにも気を配ります。

自分の耳でもよく聴けるようになり、音が均等に並んできたと思ったら少しづつ早くしてみてください。
早くしても今までできていたことが実現できているかをよく聴きます。

 

この3ステップだけですが、じっくりひとつひとつの音と向き合うので、今までしていたスケール練習よりも遥かに時間がかかると思います。

また、全調やることで、どの音からどの音への行き来もスムーズになります。
楽器によって、調によってやりやすい調・やりにくい調がありますからね…。私もフルートやサックスではまだ四苦八苦しています。

何より大切なのが「自分の耳でよく聴くこと。

管楽器は、指使いさえ間違えずに息を吹き込めばある程度の音は鳴ってくれますが、いい音が鳴るかどうかは自分で作っていくしかありません。

自分の音は今どういう状態なのかな?と客観的に聴けるスキルは楽器上達に欠かせません。

もちろんスケール練習以外でも常にフル稼働させなくてはいけないのですが、自分の耳を育てるという意味で、スケール練習から意識してみるとわかりやすいと思います。

 

高級な真珠のネックレスのように、音のひとつずつが同じ大きさで並んでいるように。

きらきらと輝く一音一音で出来たスケールが吹けるように、私も日々自分の音をよく聞いて練習したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です