プロフィール(音楽歴、使用楽器)

クラリネット奏者:安藤綾花(あんどうあやか)

3歳よりエレクトーンとピアノを、13歳より中学校の吹奏楽部でクラリネットを始める。神奈川県内の公立高校を卒業後、東京藝術大学音楽学部へ進学、卒業。

クラリネットを柳瀬芳仁、伊藤寛隆、十亀正司、濱崎由紀の各氏に、室内楽を河村幹子、三界秀実、高木綾子の各氏に師事。ジャズクラリネットを谷口英治氏に師事。
アメリカはボストンのBerklee音楽大学Summer program 2015に参加。

オーケストラや吹奏楽、室内楽などのクラシック音楽の演奏活動、CDやTVドラマ音楽のレコーディング参加、舞台の劇伴演奏、ライブ活動等 ジャンルを越え多岐に渡る演奏活動を行っている。

「あなたのそばに私のクラリネットの音色を」をコンセプトに掲げ、演奏・創作活動を行う。
クラリネットの音色が身近な日常生活に存在し、溶け込んでほしいという思いから、自身が愛するコーヒーとのマリアージュライブを開催するなど、ジャンルを越えた企画を発信。

また、即興演奏に興味を持ち、洗足音楽大学の即興演奏講義のアシスタントを務めるほか、 映像や邦楽器など他ジャンルとの即興演奏を行う。即興演奏で矢野顕子と共演。

自身がクラリネットを始めたのが中学校の吹奏楽部ということもあり、吹奏楽部の合奏指導・クラリネットパートの指導を精力的に行っている。特に吹奏楽部ではあまり本格的に行われないポップスやジャズ音楽の指導に力を入れている。
また、現在、戸塚高校音楽コース非常勤講師としてクラリネット指導にあたる。

最近では、ブログ執筆やインターネット上に演奏動画(演奏者は自身のみの多重録音)を投稿するなど、音楽やクラリネットをSNSから発信する方法に力を入れて取り組んでいる。

木管三重奏グループ「Trio bouquet」、インストゥルメンタルバンド「山崎千裕+ROUTE14band」、ポップスエンターテインメントグループ「CLASH」、小編成ハイブリッド吹奏楽団「小江戸ウインドアンサンブル」所属。

 

これまでの主な出演歴、音楽歴

2012年
東京芸術大学同声会神奈川県支部新人演奏会出演
Jazz in FUCHU出演
ブリッツブラス入団(現:一般社団法人ブリッツフィルハーモニックウィンズ)

2013年
・高垣彩陽 5thシングル「月のなみだ」Think of meレコーディング参加
・ラ・フォル・ジュルネ フラッシュモブ「ボレロ」演奏

2014年
・フレッシュハンドメイドコスメLUSH 渋谷駅前店 オープニングイベント
・音楽劇「ルードウィヒ・B」クラリネット演奏出演(原作:手塚治虫、音楽監督:千住明)
→当時のブログはこちら
・芸劇ウインドオーケストラアカデミーのオーディションに合格、第一期生として所属

2015年
・コーヒーと音楽をマリアージュするコンサート「Mariage」を企画、開催
・バークリー音楽大学サマープログラムに参加
・小江戸ウインドアンサンブル旗揚げ公演よりメンバーとして参加

2016年
・Trio bouquet 1st mini album “3”リリース
・ラ・フォル・ジュルネ エリアコンサート出演
・「山崎千裕+ROUTE14band」に新メンバーとして加入
・BSジャパン「山本周五郎人情時代劇」劇伴レコーディング参加
・DMMゲーム「文豪とアルケミスト」レコーディング参加(音楽:坂本英城)
→オリジナルサウンドトラックはこちら

2017年
・ブリッツフィルハーモニックウィンズを退団
・戸塚高校音楽コース非常勤講師就任
・ラ・フォル・ジュルネ エリアコンサート出演
・ポップスエンターテインメントグループ「CLASH」デビュー
・PlayStationVR「V!勇者のくせになまいきだR」レコーディング参加(音楽:坂本英城)
・「兵士の物語」自主公演
・JICA(青年海外協力隊)広報を担うSDGs吹奏楽団

・これまでにギタリスト木村大、テノール歌手錦織健、シンガーソングライターコブクロなど、幅広いジャンルのアーティストと共演。

・タリーズコーヒーにて、プロデュースコンサートを4年に渡り開催
(始まりは東日本大震災の計画停電のため、アコースティックな生演奏で電気使用を削減)

使用楽器:Buffet Crampon Festival
マウスピース:B40
リガチャー:wood stone GP
リード:RICO Grand concert Thick Blank、Vandren 56 lupic 主に3 or 3 1/2

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です