安藤綾花(あんどうあやか)ってこんな人!

こんにちは。安藤綾花(あんどうあやか)です。

旅と音楽とコーヒーと。あなたのそばに私のクラリネットの音色を。」をコンセプトに、演奏・創作活動をしているクラリネット奏者です。

 

大好きなクラリネットを、ピアノやヴァイオリンと同じくらいたくさんの人に知ってもらう事を夢の軸にしています。

黒い色をしていて地味にみられがちなクラリネットだけど、実はとても変幻自在にカラフルで、ポップでわくわく楽しいことが出来るんです。

(c)Taira Nishimaki

私はフリーランスのミュージシャンですが、所属して活動しているグループが4つあります。
どれも自分の夢が実現できる大好きな場所なので、ご紹介します。

★「色とりどりの花束を手にした時のような 幸せな気持ちになれる音楽を」をコンセプトに、地元ヨコハマを中心に演奏活動をしているトリオダンシュ(木管三重奏)グループ「Trio bouquet」クラリネット奏者。

コンサートレポートはこちら

★ジャズ・フュージョン・クラシック・ロックなどの多種多様なジャンルをミックスし、「歌えるインストュルメンタルサウンド」をテーマに活動するインストポップスバンド、「山崎千裕+ROUTE14band」メンバー。

 

★これまでのクラリネット界を打開する、超前衛的な女たち。実力派ポップスエンターテインメントグループ「CLASH」メンバー。

 

★ハイブリッド小編成吹奏楽団「小江戸ウインドアンサンブル」クラリネットパート所属。

 

また、上記以外にも、吹奏楽を通して若手の音楽家を育てる東京芸術劇場の事業「芸劇ウインドオーケストラ」に所属、2017年3月卒団。プロフェッショナル吹奏楽団ブリッツフィルハーモニックウィンズに2017年1月まで5年ほど所属していました。

2017年度より戸塚高校音楽コース非常勤講師として、クラリネット専攻の生徒のレッスンをしています。
クラリネットが大好きな気持ちが伝わってくる生徒たちの「もっと上手になりたい!」という気持ちを大切に、毎週レッスンに行くのがとても楽しみです。

小学校〜大学生まで吹奏楽部のパートレッスン、木管パートの分奏レッスンも精力的に行っています。

レッスンの様子はこちら

個人レッスンも行っています。全く楽器を触ったことない方から、音大受験生、主婦さんまでいろんな生徒さんが通ってくださっています。

レッスン概要はこちら

西武鉄道「旅するレストラン」にディナー演奏出演中。

 

あなたのそばに私のクラリネットの音色を。」を実現するひとつの手段として、SNSを通して演奏動画を配信中です。Acapellaというアプリを使い、自身1人で多重録音しています。

なぜそんなコンセプトを掲げているのかというと、大好きなアメリカに旅行するたびに、日常に当たり前に存在する音楽シーンに驚き、とてもうらやましく思ったからです。

誰かの日常に入り込める方法はないかと、多くの人が日常的に見るであろうSNSでの発信を始めました。

 

アメリカでは、地下鉄や路上でストリートミュージシャンを見ない都市はありません。

日曜日の教会のミサに行けば当たり前にみんなゴスペルを歌う。

森に囲まれたコンサートホールや、海辺のジャズコンサートに家族で足を運び、団欒しながら音楽を楽しむ。

田舎のオーケストラコンサートも満員。小さいお子様を見かけることも珍しくありません。

音楽好きが集まれば、ホームパーティでギグが始まり、リズムに合わせて踊り出す。

 

そんな中に飛び込むのも大好き。

ニューヨークに行けば、ミュージカル、ジャズクラブ三昧。いくつ夜があっても足りません。
えいや、と勇気を出して音楽フェスのど真ん中で、現地のミュージシャンに声をかけ、ストリートライブをしてみたり。
クリスチャンではないけれど、ゴスペルを聴きに日曜日のミサに出かける。

(ストリートで声をかけたドラマーのGabriel)

 

また、2015年バークリー音楽大学のサマープログラムに参加した際は「音楽は国境を越える」ことを実感し、身に沁みすぎて泣いてしまうほど、かけがえのない経験をしました。
上手く演奏できなくたって「ayakaはayakaだよ」とその人自身をしっかり受け止めて認めてくれる。そんな経験は初めてでした。

 

旅することによっていつもより少し大胆になり、大好きな音楽をより楽しむことができている気がします。

音楽がそばにあれば、楽しくって、心が安らいで、見たことのない世界にだって行ける

そんなわくわくを私のクラリネットでも表現したい。

少しづつ旅も重ねて、様々な音楽シーンを見つけています。旅することは私にとって欠かせないものになっています

(c)Taira Nishimaki

 

それから、私といえば、大のコーヒー好き

私のひとつのインタグラムアカウントはコーヒーのことしか投稿していません。(笑)
旅している時も、もちろん日本にいる時もコーヒーやさんめぐりは欠かせません。

ただ苦いだけではないコーヒーの魅力に気づいてから、様々な銘柄を飲み比べるのにハマっています。(ワインをイメージしてもらうと分かりやすいのですが、相当に奥が深いです)

また、コーヒーショップを通してその土地の雰囲気を感じ取ったり、住む人々の生活感を覗き見るのも好きです。

コーヒーと音楽をマリアージュするライブを開催したことも。

私にとってコーヒーは生活に欠かせないものになっていますが、私のクラリネットの音色も誰かのそんな存在になれるよう進んでいきたいと思います。

 

私をもう少し知ってもらうキーワードは…

・北海道北見市生まれ、チョコミント好きはここから。好物はいくら(筋子)

・北海道犬を飼っていた

・あだ名はまつり

・小さな頃はセーラームーン、スチュワーデスさんになりたかった

・ディズニー映画「アラジン」が大好き

Proud of your boyを聴いただけで泣けちゃう

・よって理想のタイプはアラジン

・「美女と野獣」「トイストーリー」も大好き、セリフも歌も全部覚えてます

・#恐竜大好きクラリネット奏者

・アメリカンダイナーの外装や内装が好き

・洋楽大好き!Michael Jackson・Bruno Mars・PENTATONIX・・・よく聴くジャンルはファンクやR&B

・アメリカは心のふるさと

・文章を書いたり、読んだりするのが好き

・文房具にきゅんきゅんする

・今までにしたアルバイトはカフェスタッフ、パソコン打ち込み、ジャズレストランのウェイトレス、個人経営のイタリアンレストランのスタッフ。飲食店でのお仕事大好きでした

 

夢もたくさんあります!

・世界中のどこにいても暮らせるようになる

・クラリネットをもっともっとたくさんの人に知ってもらう

・プール付きのお庭がある家に大好きな人と住む

・世界中にいる友達が、私の音楽を聴きながら電車に乗ったり、コーヒーを飲んだりする

・大好きなミュージカルのオケピで演奏する

・私の書いた文章が、誰かをちょっとだけでも助けたり、いい気分にさせたりする

・なんかまつりっていつもおもしろいことやってるなぁ〜な人になる

・やさしくおだやかでのんびり、でもわくわくした気持ちでいつもいる☺︎

・自分の気持ちをきちんと伝えられたり、大好きなアメリカで生活できるくらいの英語スキルを身に付ける

・大切なものを大切にする

「クラリネット奏者」という枠組みからはみ出している気がしますが、これが私です。
1人の人として、わくわくする大好きなことを、このブログでも音楽でも発信していきたいと思います。

まつりこと安藤綾花を、どうぞよろしくお願いします!

ちょっぴりマジメなプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です