苦さには理由がある

blackcoffee_cookie

普段あまり買わない缶コーヒー、久しぶりに飲んでみたらとても苦くてびっくりしました・・・!

先日、コーヒーについて取ったアンケートでもこんな結果が。

そうそう。きっと、「コーヒー」=「苦い」という固定概念のせいで、コーヒー嫌いな方は多いんだろうなぁと思っていたので、ある意味納得の結果でした。

私が日頃好んで飲んでいるコーヒーは苦いという印象をあまり持ちませんが、缶コーヒーやインスタントコーヒーってとっても苦いですよね。コーヒー好きな私も飲めません。

どういうことなのかというと・・・

 

使っている豆の種類が違う

コーヒー豆には主に「ロブスタ種」と「アラビカ種」という2つの種類があります。

ロブスタ種は病気や害虫に強く、低高度で育成することができます。さらには成長が早く、実もたくさん成るのだそう。ただ、苦味がとても強く渋みがあります。

缶コーヒーやインスタントコーヒーなど、加工用として使われます。

一方、カフェなどで飲める「スペシャリティコーヒー」は全て「アラビカ種」。こちらはデリケートで栽培も難しいのですが、豊かな風味や酸味を持ちます。

もちろん苦味もありますが、甘みやフルーティーな香り、質のよい酸味を感じることができるので、「コーヒー」=「苦い」と思っている方は概念が変わると思います。

私のおすすめのコーヒー屋さんではそんな美味しいコーヒーが飲めます。
→「コーヒー初心者もマニアも大満足。表参道KOFFEE MAMEYAさん

缶コーヒーがなぜ苦いかというと、そもそも使っている豆が違うんです。白米とジャスミン米くらいの違いがあります。

 

缶コーヒーでも美味しいコーヒーは・・・

 

コンビニで缶コーヒーを買うこともありますが、唯一美味しいと思うのが「TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK」。

缶コーヒーながら「アラビカ種」のみで作られているのが美味しさの秘密。

にがーい!といった印象はなく(でもブラックコーヒー飲みたい欲をちゃんと満たしてくれる苦味)、酸も感じられます。

 

ちなみに「ロブスタ種」には「アラビカ種」の2倍ほどのカフェインが含まれているんだとか…!缶コーヒーがガツンとくる理由はこれですね。

blackcoffee_cookie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です