誰でも簡単に多重録音!Acapellaアプリで自分とアンサンブル!

Acapellaという多重録音アプリを使って、大好きなディズニー映画「美女と野獣」からBeauty and the Beast” を吹いてみました!

劇中歌ではなく、主題歌としてPeabo Bryson とCeline Dionが歌ってるデュエットのバージョンを編曲しました。(細かい。笑)

ちなみにPeabo Bryson は私が大好きな「アラジン」のWhole new worldも歌っています♪
来日ライブも何度か行っているのですが、初めて生で聴いたときはそれはそれは、泣きました。たぶん6歳くらいからずっと見てるからね…(アラジンのビデオの終わりにミュージックビデオが付いてた)


アラジン大好き芸人な私です。


この2つも自分でアレンジしています♪

うまく1分で収まるように、曲のどの部分を採用するのか、どのくらいのテンポで吹くのかをこだわって設定しています。

誰でも簡単に多重録音!Acapellaアプリを使ってみよう♪

凝った動画に見えるかも知れませんが、アプリを使えばとっても簡単!
ダウンロードはこちら

何声で録るのかを自由に設定出来ます。枠組みも様々なデザインから選べます。

 

秒数を設定したら、ひと枠ずつ録音していくのみ!

演奏しなくても、踊ってみたりしてこんなことも出来ちゃいます♪


歌が歌える人だったら、ひと枠は歌で、伴奏は楽器のアンサンブル…とかかっこいいですね!(私は引くほど音痴なので、絶対にやりません笑)

 

ひと枠ずつ、音量・ピッチ・リバーブ・エコーなどの設定も出来ますし、写真アプリと同じような感じで映像全体にフィルター(セピア・ビビッドとかそんなやつね)をかけることも出来ます。

私は今のところ無料版を使ってますが、有料版にするともっといろんな事が出来るようになるようです。時間無制限で撮れたり、デザインの種類が増えたり。

 

また、このアカペラのアプリ上で、他のユーザーとコラボレーションも出来ます!

私もまだ使ったことのない機能なので、近々チャレンジしてみます♪

 

私なりのちょっとした工夫

初めて撮った時は、実は結構時間がかかってました。

慣れるとさくさく~と出来るようになるので、何度か撮ってみて下さい。私はダンスしたり衣装にこだわったりし始めたので、結局時間かかってますが…笑

何度かやってみて掴んだコツがいくつかあります。

 

1.最初にざっと全パートを録音してみる。

ひとパート終えてから次、また次、とひとつずつ撮るのではなくて、まず全体像を把握します!

ここが同じ動きをするからちゃんと揃った方がいいとか、音程ハマりにくそうなところをチェックします。部活のパート練習みたい(笑)

特に、私みたいに自分で編曲するなら一度ざっくりと撮ってみるのがおすすめですー!

 

ツイッターのフォロワーさんからご指摘いただいたのは

2.イヤホンの位置に気を付ける。

クリック音(メトロノーム)に合わせてそれぞれの枠の中で演奏するのですが、それを聴くためにイヤホンを付けながら演奏するんです。

イヤホンがApple製品付属のものだと口元あたりにマイクが付いています。そうするとブレス音や雑音を拾ってしまいやすくなるそうで…!1回目は気づかなかったです。

もしくはマイクつきのイヤホンを使わないことで解消出来ますね。ご指摘ありがとうございました!

 

3.譜面台を裏側から使う。

どういうこと…?って感じですよね(笑)

これは女子的発想からなんですが、スマートフォンやipadで録るときに譜面台に置くと顔の少し下から撮られている状態になります。これがめちゃくちゃイヤで…!!!

楽器吹いてる時の顔ってただでさえブサイクなのに、顔の下から撮られるなんて拷問…!そしてそれを人様に晒すなんて生きていけません…。

譜面台の傾斜をほぼ垂直にして、こんな感じです。楽譜はクリップで留めれば大丈夫◎


見栄えもよくなるし、楽器も映り込みやすくなるのでおすすめです。

 

今年は #Acapella部 を作ろうと思ってて、というか、作ります!作りました!今ここで発足!笑

音楽家同士でコラボレーションしたり、Twitterでフォローしてくれてる中高生のみんなとも一緒に吹いたりしたいなーと目論んでます。

なんとも現代的なつながり方だけど、おもしろそうじゃないですか?

ぜひ一緒にやりましょうー!Acapellaアプリダウンロードはこちら

ダウンロードしたら、私のアカウントもぜひフォローしてください♪
「Ayaka Ando / Clarinet player」で検索!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です