スタジオ?防音室?楽器の練習場所のアイディア




こんにちは。クラリネット奏者のまつり(@matsuricoffee)です。

4月に入り、新生活が始まった方も多いことでしょう。環境が変わり、音楽や楽器との付き合い方が変わる方もいらっしゃるかと思います。

ツイッターで、作曲家の福田洋介さんがこんなツイートをされていたのでシェアします。

と共にこんなツイートも見つけました。

大学のサークルにいた時は毎日楽器を吹ける環境だったのに、社会人になり、週末の休みだけ、しかも家では吹けないしどうしよう…なんて方もきっといらっしゃいますよね。私の生徒さんにも社会人の方がいらっしゃいますが、練習場所や練習時間についてはレッスン中にもよく話題に上がります。

いつ、どこで楽器を楽しむか。困っている方の参考になれば、とリストアップしてみます。

社会人吹奏楽団・オーケストラに入団する

週に一度は練習日があるところも多いようです。今までとは違うコミュニティも出来て楽しそう。

私の知人が主催していたり、実際に入団している団体をいくつか載せておきます。

すぎなみ彩楽ウインドシンフォニー

拠点:東京都杉並区

活動内容:自主公演、依頼演奏、ゲスト演奏、各種イベントやコンクールへの参加を企画・運営

練習日:毎週日曜夜16時30分〜20時30分に全体練習、平日19時〜21時に個人練習開放

団費:2,000円/月

音楽監督:福田洋介さん

ヴェントムジカオルケストラ

拠点:横浜市内

活動内容:演奏会(年2回)、夏合宿、各種イベント参加(コンクール、アンサンブルコンテストなど)

練習日:毎週日曜昼もしくは夜

団費:3,000円/月(演奏会参加費18,000円/年2回・夏合宿参加費20,000円)

音楽監督:船木喜行さん

みや★ひろウインドアンサンブル

拠点:横浜市、川崎市

活動内容:年一回の定期コンサート、その他地域のコンサート出演等

団費:2,500円/月(入団金:1,000円)

音楽監督:大和田雅洋さん

青葉台吹奏楽団

拠点:横浜市青葉台

活動内容:定期演奏会、クリスマスコンサート、訪問演奏、合宿など

団費:2.000円

高校生から入団可な団体が多いようです。(団費も割引あり)

こうやって調べてみると、どの団体も積極的に活発に活動されているんだなぁ…!高校や大学の部活やサークルに入らずに、一般吹奏楽団に入るというのも楽しそうですね。幅広い年齢の方々と音楽が楽しめるはず。

カラオケボックスを利用する

私も練習する場所が確保できない時によく利用します。最近は楽器練習もできます!と宣伝するカラオケボックスも増えているように思います。

私がよく利用しているのはまねきねこというカラオケボックスです。
朝うた」という12時までのタイムサービスは室料30分10円!これにワンドリンク500円ほどなので、9時〜12時まで練習しても室料60円+ドリンク代です。

楽器演奏NGなカラオケボックスもありますので(楽器によったりもする)フロントで聞いてみて下さいね。

地区センターを利用する

地区センターの音楽室は広々としていて、利用料金が安い。
地区センターの利用自体に登録が必要な事が多いですが、この先も利用することを考えると、面倒くさい登録を、えい!っとしちゃうのおすすめです。
トリオブーケのメンバーは地元で活動しているので、よく地区センターを利用してリハーサルをしています。ときどき一人での利用ができないところもあるので、仲間を募っても楽しいかも…♪

音楽スタジオを利用する

バンドで入るようなスタジオも、管楽器の演奏でももちろん利用できます。料金が少し高いのですが、個人練習(2人までの場合も多数あり)パックなるものを設定しているスタジオも多く料金も安くなります!
クラシック専門(ドラムやアンプがない)のスタジオもあります。

個人、少人数に特化した「通い放題」月額5980円のこんなスタジオも見つけました!

STUDIO楽(東急東横線「反町」駅)

河原や公園で吹く

楽器が限られてしまいますが(笑)
お天気のいい日は気持ち良さそう。ご近所迷惑にならないような場所を選んで下さいね。

レッスンに通う

社会人の生徒さんはなかなか練習時間を取れないのを承知しているので、私はレッスン時間内で一緒に「練習」するようにしています。もちろん、レッスン時間以外でしっかり練習してもらえると嬉しいのですが、私も一緒にロングトーンをしたりして、レッスンの時間を貴重な楽器を吹ける、誰かと音楽を楽しめる時間にしたいなぁと思っています。

楽器店の練習室を利用する

上記に関係しますが、大手の楽器店のレッスン会員になると安く練習室が利用できるプランがあったりしますね。もちろん一般の人でも借りられるところがほとんどです。

セントラル楽器(東急東横線「東白楽」駅、1時間1000円〜)

山野楽器ウインドクルー(山手線「新大久保」駅、1時間600円〜)

ダ・カーポのスタジオ「Debut」(山手線「新大久保」駅、1時間1000円〜)

「音泊」に泊まる

楽器の吹ける宿泊施設は合宿場のようなところばかりですが、池袋・巣鴨にある全室防音24時間演奏出来る宿泊型防音マンション「音泊」は週末の練習に最適!

池袋は全室にグランドピアノ完備、アメニティも充実しているので、地方から急に東京に来ることになった!なんて方も安心して利用できそう。

 ご宿泊はご宿泊者さまのみとなります。
 レッスンのため先生やアンサンブルの方の入室はご利用可能です。

とあるので、宿泊をしなければ少人数アンサンブルの練習にも使えそうですね♪

池袋:一泊2名14400円〜
巣鴨:一泊2名9000円〜

Airbnbのシステムを利用して予約をするので、よかったらクーポン使って下さい!3700円割引になります。

おうちに防音室があるといつでも練習できて一番楽ちんな方法ですが(実は私も家は防音ではありません)、工夫してみたら意外と楽器練習のいろんな方法があるかも?

この記事を参考にして、楽器ライフを長く楽しんでもらえたら嬉しいです♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください