リード楽器奏者のお悩みを解決するアイテム

初めてこちらのリードを試してみました!

Legere (レジェール) というプラスチック製のリード。

サックスやクラリネットの(シングル)リード楽器は、マウスピース(吹き口)にリードを取り付けて振動させることによって音が出るという仕組み。リードは元々葦(あし)という植物で出来ています。すだれに使われるのも葦の一種だそう。

(マウスピースにリードを取り付けた図)

このリードというのが、クラリネットやサックス、オーボエ、ファゴット奏者にとっては、とてもとても重要でして、かつ悩ましい存在でもあります。気温や湿度によって状態が変わり、それに伴い、吹き心地や音色も変化します。

梅雨の時期は「リードない。。。」が口ぐせになるリード楽器奏者。先端部分にいくにつれて薄くなっているので、欠けやすいのも難点。

 

そこで、もう7.8年ほど前になるのでしょうか、樹脂製のリードが開発されました…!!それがレジェールリードです。

天気や湿度に左右されることもありません。

湿らせなくてもすぐに吹ける(ある程度の湿り気がないとリードは振動しないので、口に一度含んでから取り付けます)ので、長い休みがあった後に吹くのもこわくありません。
実は今までに一度吹いたくらいで、真剣に使おうと思ってなかったのですが、楽器を出してすぐに吹かなくてはいけない場面が多くなってきた(その時の状態に合わせてリードを選ぶ時間が取れない)ので、試してみることに。
正直、葦のリードには勝てないよなぁ…と思っていましたが、ものすごくいい一枚に出会いました。

私が何より一番大事にしたい「音色」が、葦のリードと変わらずに実現出来ました!かつコントロールもしやすい。

レジェールリードは葦のリードより少し柔らかめなので、普段吹いているリードより固めを選ぶとちょうどいいと思います。私は、葦のリードは普段3番を吹いているので、レジェールリードは3 1/2。吹いてリード自体が少しづつ温まってくるとさらに柔らかく感じるので、固めをおすすめします。

ヨーロピアンカットを選びました。元々ソプラノサックス用に作っていたカットを採用したものだとか。

 

他のカットも試しましたが、レジェールリードで懸念していた音色が一番気にならない(葦と同じレベル)だったのがヨーロピアンカットでした。

B♭クラリネット用だけでなく、ソプラノサックスのものも使えるのでいろいろ試してみて下さい!

 

購入した次の日のライブでさっそく実用。
サウンドチェックがかなりタイトだったので助かりましたし、このリードで大丈夫かな…という不安感もなく。コンデンサーマイク(クラリネット本体に装着するマイク)を使う時は、少しエッジの効いた音が出やすいリードを選ぶようにしているのですが、それも実現できました。(こういう現場が多くなりそうなので、そういうレジェールリードを選びました。)

 

ひとつ気を付けたいのは、レジェールリードは滑りやすい(ずれやすい)こと!

金属系のリガチャーをぎゅぎゅっとキツく締めるのはこわいので(切れます!)、皮製のものを使うのがおすすめですよ♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です