【ライブレポート】Clarinet on the BEAT’17【CLASH】

2017.5.3.wed

ポップスエンターテインメントグループCLASHのメンバーである、クラリネットアーティストMicinaさんの主催する「Clarinet on the BEAT’17」にCLASHとしてゲスト出演しました。

このホール公演は5年目だそうで、記念企画としてゲストステージが組まれました。
彼女はクラリネットでポップスを掘り下げていて、作曲も、編曲も、今回のステージの演出から照明、映像、何から何まで彼女の頭の中にあり、そしてそれを実現しています。

今回、ゲストステージではMicinaのアンサンブルシリーズから

「パピリオの影」(クラリネットカルテット)
「楽園へのプレリュード」(クラリネットカルテット&マリンバ:田村拓也)
「逆さまピエロ」(クラリネット、バスクラリネット、ピアノ:田村拓也)
「enthrall」(クラリネットカルテット+バンドスタイル)

を演奏しました。

彼女の曲の特徴は、、とにかく難しい!笑
クラリネット的に避けたい運指のメロディも絶対避けない。笑

でも「クラリネットだからこう!」という固定観念ではないところを音が進むので、クラリネットの新しい世界を作る術となっているんだなぁ。映像や照明も合わさり、Micinaワールド全開!

でもとにかく難しい。(2回言う。笑)
逆にクラリネットのことを知り尽くしているから、これかっこいいよね、美味しいよね、なんていうフレーズもあり。

どきどきはらはらしながらもかっこいい曲たちを、演奏者自身も堪能することができました。とにかく一度聴いてほしい作品たちです。

 

CLASHとしては実質、初お披露目のステージでした。

左から私、山本茉莉奈(バスクラリネット)、阿部加奈子。


CLASHのデビューショーは5月24日。ライブ情報は icon-angle-double-right こちら


バンド、ストリングスのメンバーの皆様も本当に素晴らしかったです!

Pf(ピアノ)伊藤辰哉
Gt(ギター)那須寛史
Bass(ベース)白戸佑輔
Perc(パーカッション)岡部量平

Vn(ヴァイオリン)榊渚
Vn(ヴァイオリン)星野沙織
Vla(ヴィオラ)飯顕
Vc(チェロ)篠崎央彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です