「え!音楽家なのに音痴な人いるの?」…います。(私です)

こんばんは。クラリネット奏者の安藤綾花(@matsuricoffee)です。

 

昨日のブログにも書いたように、最近ゴスペルやR&Bをよく聞いています。力強く太く、伸びのある声にうっとり…これだけ歌えたらきっと気持ちいいんだろうな…と空を仰ぐ私です。

何を隠そう、めちゃくちゃ音痴なのです…

と言うと「え〜だって音楽家でしょ?ほんとはうまいくせに〜」とか「ハードル上がってるだけだって〜」ってよく言われるのですが、

 

 

本当に音痴です。(真顔)

 

 

そりゃぁ音楽家ですからね、楽譜はぱっと読めるし、聞いただけの音も分かるんだけど。だけど。音痴です。(大事なことなので2回言う)

 

中学生の頃って「カラオケ行こう〜」ブームがあったと思うのですが、ほんとに行きたくなかった。今では行かないって断るけど、断れなかったあの頃、地獄だった。だから合唱コンクールも毎年ピアノ伴奏。なんなら課題曲も自由曲も両方やった年もあった。

音楽大学の入学試験には当日その場で渡された楽譜を初見で歌う、「新曲視唱」という課題があるのでそれなりにトレーニングもしてきたのですが、レッスンの先生が毎回ちょっと首傾げちゃってたよね。なんなら「ソルフェージュはできるのにおかしいわね」って直接言われちゃってたよね。

 

頭の中に明確な音符のイメージができる音楽家でも音痴なのは、それを歌にする術を知らない、もしくは自分の声をコントロールすることがうまく出来ないんですね。

でも私がクラリネットを練習するのも結局は同じで、頭の中にイメージがあるものを実際の音にするために練習しているのです。

だから歌う練習が圧倒的に少ない私は音痴なのです。きりっ。(開き直り)
練習時間が少なくてもさらっと上手に歌えてしまう人は(超うらやましい)頭の中のイメージを体現するのがうまいんですね。

逆に言うと、頭にイメージできることはなんでもできる!はず!(歌うって身体が楽器なので、声質や声帯など先天性のものだったり、身体の成長の影響もちろんありますが)
さらに逆に言うと、なんだかうまくいかないなぁって時は頭の中にイメージができてないことが多い。

 

ということで、私のように音痴な音楽家もいます。…いますよね?え!私だけ?
ただ、頭の中に正確な音程があるので、人の音痴には厳しいです。(そして自分の音痴具合には驚愕する。こんなに音痴だなんて自分のことながら恐ろしい。)

めーっちゃ練習して気持ちよく歌える歌を一曲くらいつくりたいなぁ。

 

(こんなこと言ったら練習する気ゼロ感たっぷりですが、今すぐ生まれ変わってアリアナグランデになりたいです。)

♡ 🌈

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

(ちょーかわいい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です