いい音を出すためにはどうすればいいの?

「どうやったら先生みたいな音が出るんですか?」

今日のレッスンで生徒さんにこう聞かれました。私の音を良いと思ってくれている(といいな…)のでとても嬉しい質問でした。

それ以上に嬉しかったのが、生徒さんの「音に向き合う姿勢」。

この方は音楽をやるならクラリネット!とずっと心に決めていたそう。

クラリネットの音がとても好きだったので、学校の授業以外で音楽をやったことがないながらも、勇気を出して始められたのです。

だからこそ、自分のイメージしている音が出せなくて歯がゆいようで「なんで先生みたいな音が出ないんだろう…」と仰っていました。

始めたばかりの頃、指使いやアンブシュアをチェックするために私が演奏している姿を動画に撮ってもいいですかと提案してくださり、もちろん快諾して、繰り返し見てくださっているそうなのです。今では本来の目的よりも「安藤先生の音を聴くため」に見ているそうで、「同じように自分の音も録音してみるのですが、やっぱり全然違うんですよね…」と。

レッスンで質問するだけではなく、日頃から自分の音をよく聞き、向き合い、イメージする音に近づこうと試行錯誤されているのです。

いや、その姿勢だけで、もう、半分はいい音が出せています…!!!

アンブシュアの形、リードの選び方、息の入れ方など、いい音が出ると一般的に言われている型はもちろん存在します。私も生徒さんに合わせて、いくつもの手段の中から「こうしてみたらどうですか?」と提案をします。

ですが、その人自身が「いい音を出したい」と思っている、いえ、もっとはっきり「この人の音が出したい」と明確な目標やイメージがなければ一生いい音は出ません。

先日書いたブログにも何度も出てきたキーワードでもありますが、まず「自分の音をよく聴く」。

そして分析する。イメージの音にどうしたら近づけるのかひたすら試行錯誤する。

私も大好きな奏者のCDを聞いては止め、吹いてみて、また聞いては止め、吹いて、という練習を繰り返していました。

今でも特にジャズのトランスクライブをする際には、音色や音質をそっくりそのままコピーできるように同じような練習をしています。

ありきたりな言葉かも知れませんが、いい音を出すためには「目標・イメージをはっきりと持つこと。

「私は○○○さんみたいなまろやかな音が出したい!」「××さんみたいな少し陰りがあって落ち着いた音が出したい」「明るくきらびやかな○○さんの音が憧れ」と、はっきりとした目標とする音を言えますか?

プロ奏者の生演奏をやCDをたくさん聴いて、まず目標とする音を見つけてくださいね!

>>クラリネット専門誌「ザ・クラリネット」のオンラインページからはクラリネット奏者のコンサート情報がチェックできます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です