芸劇ウインドオーケストラを卒団します。

いよいよ本日、2月25日。芸劇ウインドオーケストラ第3回演奏会

 

芸劇ウインドオーケストラとは東京芸術劇場が若手音楽家を育てるために設立した、吹奏楽のアカデミーです。私は第1期生として所属していて、3年目となる今年度で卒団。

【芸劇ウインドオーケストラ第3回演奏会】

日時:2017年2月25日(土)15:00 開演(14:00開場)

会場:東京芸術劇場コンサートホール

チケット料金:全席自由 2,000円

プログラム

・ヘンデル(鈴木優人編)/水上の音楽より「アラ・ホーンパイプ」
・J.S.バッハ(鈴木優人編)/パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582

・モーツァルト/セレナード第10番 変ロ長調「グラン・パルティータ」より(1,3,7楽章)

・R.シュトラウス/13管楽器のためのセレナーデ

・新垣隆/委嘱作品(世界初演)

・ラヴェル(真島俊夫編)/バレエ音楽『ダフニスとクロエ』第2組曲

指揮:鈴木優人


指揮者の鈴木優人さんと芸劇ウインドは2年ぶりの共演。若手な私たちに負けず、とてもエネルギッシュな方!

本日はずばり、「吹奏楽」の歴史を追うコンサートです。

ホールに入ったらバックトゥザ・フューチャーのデロリアンに乗ったつもりで。(笑)みんなでタイムスリップしますよ!優人さんが案内人を務めて下さいます。



はるか300年ほど前…1685年生まれの作曲家、J.Sバッハとヘンデルに始まり、現代を生きる作曲家、新垣隆さんまでの作品を辿ります。まだまだ若手と呼ばれている私たちですが、厳しいオーディションを通過したメンバーの技量を堪能出来る、珠玉の作品たちがプログラミングされています。

目玉の一つは、なんと新垣さんが私たちのために新曲を書いて下さいました!ご本人はご登壇されませんが、ビデオレターが届いてるそうです。楽しみ!

 

私的目玉は、2種類のクラリネットを吹きます。「普通のクラリネット」と「少し大きなクラリネット」。後者は、バセットホルンというモーツァルトが好んで用いた、クラリネットのひとつです。
「普通のクラリネット」とは勝手がかなり違うので四苦八苦しているのですが、渋くて深みのある音に惚れぼれ…(上手に吹ければの話ですが笑)
モーツァルト作曲の「グラン・パルティータ」で演奏しますので、ご注目下さい!

また、この演奏会に合わせて、個人でもラジオ出演・インタビュー取材・会場である東京芸術劇場にてポスターパネルを展開して頂き嬉しい限りです。

ポスターはまだ展示してあるはずなので、本日いらっしゃる際に会場で探してみて下さいね!

 

「音楽家」としてどうあるべきか?ということを、3年間、仲間と一緒に考え学んできました。舞台上でその答えをきっと表現出来るので、ぜひ皆様にも見届けていただきたいです!

みなさまのご来場、心からお待ちしております(*^^*)

第一回演奏会の写真。

最高3年までで、何年いるかは自由なので1年、2年、で卒団したメンバーもいます。

この中で今日まで残っているのは6人。みんな少し大人びた気がします。

あぁ、、3年って早い…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です