コンサートやライブのお知らせをする時に気をつけていること

girl_note

こんばんは。クラリネット奏者の安藤綾花(@matsuricoffee)です。

 

ブログを書くようになってから、日常生活の中でも「言葉の使い方」に意識が向くようになりました。

メールを書いたりフェイスブックを更新する時など、言葉を選ぶ時間がある時には語尾や言い回しなど、様々なことに気を配っています。

コンサートやライブのお知らせをする時にも、やはりたくさんのお客様に来ていただきたいので、伝え方をよく考えます。
自分自身の音楽を磨くのはもちろん大前提ですが、お客様に聞いてもらうための手段のひとつとして「言葉で伝える力」というのはあなどってはいけないなと感じています。

私が日頃気をつけていることをピックアップします。

 

略称を使わない

木五のコンサートです。

クラのライブです。

MCは3000円です。

 

木五木管五重奏、クラクラリネット、MCMusic Charge(ミュージックチャージ)。

私たち音楽家や、よくコンサートやライブに足を運ぶ人ならすぐに分かってもらえると思うのですが、一般の方には伝わりづらいんじゃないかなぁと思います。

よく見かけるの略称が楽器の表記。

Pf.

Hr.

Gt.

Ds.

これ、分かります…?

ピアノ、ホルン、ギター、ドラムと書いた方がよっぽど伝わりますよね。

 

説明をする

当たり前だと思っていることも意外と知られていなかったりします。

一般的に知られている、ピアノやヴァイオリンならいいのですが、木管五重奏も「木管」は分かるけど、実際にどんな楽器が使われているか分からない。

「フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットから成っています。」と書いてあると分かりやすいし、メンバーが楽器を持った写真があるとなお良い。


(メンバーの集合写真でも、ただ女子の自撮りみたいなのはいらない。いや、いるか。かわいい女子たちの自撮り下さい。)

この説明というのが多少やっかいで、元々ファンでよくブログを見てくださっている方や、音楽のことをよく知っている方からしたら、うざったいと思われてしまうかもしれないのでさじ加減が重要かと。

 

最近新しいグループでデビューした時、まだ誰も見たこともなく聴いたこともないものを伝えるためには、媒体に提出するプロフィールやSNSに発信する素材を、メンバーでよく話し合い、精査しました。

今まで長く活動しているグループももしかしたら初めて目に留めてくれたお客さんがいるかも知れない。「誰も知らないもの」として考えるのがミソだなぁと感じました。

 

形式を揃える、整える

たくさんコンサートのお知らせがあると、1から書き起こすのが大変で、主催元のホームページからコピーして情報をブログに貼ったりすると思います。ですが、記載の仕方が少しづつ違ってしまいますよね。

こちらに2つのライブ情報を掲載したブログがあるとします。

▶「女子ROUTE14band LIVE」
2017年6月13日(火)19時開演、18時半開場
@六本木アークヒルズ
料金:3000円
▶7月1日(土)
「Trio bouquetのたなばたランチコンサート」
11:30 start / 11:00 open
3丁目カフェにて
Music Charge 2.000yen+1drink

なんだかばらばらな印象を受けてすごく読みづらいですよね。

・数字と英字の全角、半角を揃える
・コンサート名、日時、料金、場所、など「項目」の表示を揃える
・項目の順番を揃える

を意識して、上記を直すと…

▶「女子ROUTE14band LIVE」
2017年6月13日(火)
時間:19:00開演 / 18:30開場
場所:六本木アークヒルズ
料金:3.000円
▶「Trio bouquetのたなばたランチコンサート」
2017年7月1日(土)
時間:11:30開演 / 11:00 開場
場所:3丁目カフェ
料金:2.000円+1ドリンク

もしかしたらライブやコンサートのイメージで全て英語表記にしたい!などのイメージがある場合もあるかも知れませんが、揃えるとぐっと見やすくなりますね。

 

予約方法を分かりやすく

「コンサート行ってみようかなぁ…」とせっかく思ってくれた方が、ホームページやブログを見ても、予約方法が分かりにくかったりめんどくさかったら興味をなくしてしまうかも知れません。

お知らせの近くにすぐ、予約・お問い合わせフォームを作ることと、予約方法を分かりやすく書いておくのは大切だなぁと思います。

私の出演するコンサートやライブは、LINE@で全て承れるようにしています。

Twitterではアドレス部分をクリックするとメールフォームが起動するので、ツイートに予約アドレスを記載するのがおすすめです。

https://twitter.com/matsuricoffee/status/860851963121893380

 

伝える努力を怠らない

とてもいいコンサート内容でも、それが伝わらなければ足を運んでもらえません。
ほんの少しのことを気をつけるだけで、もしかしたらお客さんが1人、また1人と増えるかも知れませんね。

たくさんの方にコンサートやライブに足を運んでもらって、みなさんの音楽が一人でも多くの方に届きますように…!

girl_note

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です