連想ゲームで英語が話せるようになる?

こんばんは。
英語は大して話せないくせに、道に迷ってる外国人がいたらすぐ話しかけちゃう(笑)クラリネット奏者の安藤綾花(@matsuricoffee)です。

日本でも外国人のお友達が増えて、英語を話す機会が多くなってきたのですが、なんとなく話せてしまうせいですごく困ることはないので、スキルが停滞中。もっと深い話したいのにー!と感じることが多々あります。

でもこの「もっと話したい欲」がスキルアップに大切なモチベーション!勉強しよう!…とは言っても現実は厳しいです。

だってたった今、この場で会話が進行してるから!
話したいけど、話せない…帰って勉強しよう、なんて出来ません。この瞬間に何か伝えないと。

I can’t speak English. って逃げちゃう人もいるけど、それが言える時点であなた喋れてるじゃんー!ってなりますからね。私もよく言われます(笑)

 

直訳を考えない・気にしない

「話せない!」と思う理由の1つが「すぐに日本語訳を考えてしまうこと」。

私も前までそうだったんですが「これ、英語で何て言うんだっけ〜?!」というところにぶつかると、会話が止まってしまうことがよくありました。

海外ドラマを見ていると、主人公がぺらぺら長く喋ってるはずなのに、日本語字幕を見ると、たった一言だけだったこと、ありませんか?訳と全然違うこと話してるじゃん!なんてこともありますよね。

直訳は考えなくていいんです。とにかく、伝わればいいんです。

 

思い出せない、思い浮かばない言葉を軸に、連想をする

「疲れた~」って、…あれ?なんて言えばいいんだっけ!単語忘れた!って場合。(あり得ない設定でごめんなさい笑)

ぱっと口に出てこなかったら、その時点で「疲れた」とそのまま言うことを諦める。

ただし、言えなかった言葉を軸に連想した気持ちや理由を伝えてみると、そのニュアンスを伝えることは出来ます。

疲れたから、「早く寝たい」「もう立てない」「おうちに帰りたい」
疲れたのは、「たくさん練習したから」「朝早かったから」「友達とケンカしたから」

逆から連想することも役に立ちます。

「疲れた」と逆のこと…→「元気がある」

そこから「元気がない」「パワーがない」と言えば、なんだか伝わりそうな気がしませんか?

 

固有名詞が分からないときこそ連想ゲーム

例えば「自由の女神」ってなんて言えばいいんだろう??なシチュエーション!

「アメリカ」「ニューヨークにある」「大きい」「像」「本を片手に、たいまつを掲げてる」「冠をかむっている」…などなど、本当に連想ゲームをするときのように、単語を羅列すれば分かってもらえると思います。

今はスマートフォンですぐ画像を出したり出来ますけどね(笑)

 

伝えたい気持ちを大切に

I love youを「月が綺麗ですね」と訳した日本人ですから、言葉に隠された何通りもの意味を考えるのはきっと得意だと思うんです。

何て言うか分からなくて黙っているよりも、自分の話せる言葉の中で一生懸命伝えようとしている方が、相手も聞いてくれます。
そうやって、とても寛大な私の友達も、時間かかりながら話す私の拙い英語に付き合ってくれます。ありがとう。。。

 

でもやっぱり、単語力・語彙力大事・・・!!(言っちゃったw)

本日のブログは、スピード感のある会話の中で、どうすれば少しでも話せるかな?ということです。こんな体当たりな方法でなんとかコミュニケーションを取りながら、悔しい思いをして、少しづつスキルアップをしています。

こちらのインスタアカウントは英語でアップしているので、フォローして応援して下さいー!
▶︎i_am_ayaka_a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です