カンタン・美味しい水出しアイスコーヒーを、おうちで楽しむ

iced coffee

氷をからんころん。
そろそろ冷たいアイスコーヒーが恋しい季節になりますね。

美味しいアイスコーヒーが毎日飲めたら、幸せ。でも毎日のことなら、手軽に出来ると嬉しい。

実は特別な器具がなくても、簡単に水出しのアイスコーヒーが出来ちゃいます。

準備するものはたったの3つ。

1.挽いたコーヒー豆
2.アイスコーヒーを入れる容器
3.お茶用パック

for-cold-brew

まるで麦茶を出すのと同じように、このお茶パックの中に挽いた豆を入れて、水に漬けておくだけなんです。

水出しアイスコーヒー簡単レシピ

1.豆は中挽き。フレンチプレス用と同じ粗さです。
粉を長時間つけておくため、あまり細かく挽いてしまうと余計な苦みやえぐみが出やすくなってしまいます。

新鮮でお好きな味の豆を、ぜひ。
深煎りの豆ももちろん美味しいし、私は浅煎りの豆で香りが華やかなものが好み。アイスティのようにすっきり飲めるのでおすすめです。

水出しにすると舌触りがスムースで、苦味がたつことなく優しくまろやかな印象になります。

2.麦茶を入れるようなポットでいいので、そのポットに水を入れ、お茶パックに入れたコーヒー豆を浸け込みます。
水とコーヒー豆の比率は「10〜15:1」です。私のカラフェは800ml容量なので、50gの豆を入れました。

3.あとは冷蔵庫に入れて、6〜8時間程度待つだけ。
でも、まぁ、時間もお好みなので、味見しながら様子を見て、自分好みの味でパックを引き上げれば、完成!あまり長く浸けるとえぐみや雑味が出やすくなるのでそこだけ注意していただいて。

夜寝る前に仕込んで、朝、美味しく出来上がった水出しアイスコーヒーを飲むのが最高です・・・!

ちなみに、私が今回使ったのは、丸山珈琲さんの「パナマ ママカタ農園 ガリード ナチュラル」(丸山珈琲のネットショップに飛びます。)

とろっとしたシロップのような舌触りが最高でした。

iced coffee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です