秋のはじまりに、コーヒーイベントを楽しむ。

by まつり

 

こんにちは!クラリネット奏者、コーヒートラベラーの安藤綾花です。

ぐっと気温の下がった東京の朝、いよいよ本格的に秋になったかと思われる本日から3日間、SCAJ2018が開催されます。
そして週末の土曜日・日曜日にはTOKYO COFFEE FESTIVAL。次の日10月1日は国際コーヒーの日。

コーヒーを楽しむにはもってこいの一週間になりそうです。

 

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント、SCAJ2018

 

SCAJとは、Specialty Coffee Associate of Japanの略称。毎年この時期に大規模な展示会を行なっています。

※Specialty Cofee(スペシャリティコーヒー)とは・・・
SCAJのカップ評価基準に基づき、コーヒーの液体の風味(カップ・クオリティ)により判別・区分された、品質の高いコーヒーを指します。

日本のコーヒーショップの出展を中心に、世界のスペシャリティコーヒーの紹介、カリタやメリタなどコーヒープロダクト企業の出展。最新のエスプレッソマシンやローストマシンなども見られます。セミナーも開催されています。

中でも注目は競技会!

エスプレッソコーヒーのプレゼンテーションやテイストを競うバリスタチャンピオンシップ。
ペーパードリップ、ネルドリップ、フレンチプレス、エアロプレスなど、機械的な動力を伴わない手動の器具を選択し抽出技術を競うブリュワーズカップなど、それぞれ日本のトップを決める熱い大会が見られるのもSCAJの楽しいところ。

競技会について詳しくはこちら

大会はYouTubeライブでも見られます。普段通っているコーヒーショップのバリスタさんがこちらに出場している!なんてこともあるかもしれません。

玄人向きのイベントですが、一般の方の入場ももちろんできます。(私もただのコーヒー好きなだけですが、ほぼ毎年行っています。笑)

一般1500円の入場料が、事前登録をすると1000円になりますので、行ってみよう!という方はこちらから事前登録してください。

私は最終日、28日(金)に行ってこようと思います〜!

 

コーヒーをあますところなく楽しむ、TOKYO COFFEE FESTIVAL

 

2015年秋から始まったこのコーヒーイベントは、今では日本では最大級と言われるほどの盛況を見せています。

日本のコーヒー界を牽引するコーヒーショップがずらり。海外からの出店もあります。

これだけあると、どこのコーヒーを飲もうか決められない!いろんな種類を試したい!というあなたにおすすめなのが、飲み比べミニカップ。4杯分のチケットと、飲み比べ用のおしゃれなミニカップで1500円。

ミニカップは90mlとコーヒー一杯分にしては少なめですが、4杯分飽きることなく楽しめるちょうどいいサイズ。

カップのデザインは開催されるごとに変わって、しかも毎回超おしゃれで素敵なので集めているコレクターもいるんだとか。(私は第一回目のものを持っています!即売り切れちゃったレアもの・・・♡)

メルボルンを拠点に活動しているトラディショナルジャズバンド「The Lagerphones」のライブや、前回のTOKYO COFFEE FESTIVAlの会場で集めたコーヒーの出がらしを使用して製作したキャンドルなどのグッズの販売など、飲むだけではないコーヒーの楽しみ方を提案してもらえる、楽しいイベントです。

 

TOKYO COFFEE FESTIVAL 2018 autumn

日時: 2018年9月29日(土) – 30日(日) 11:00〜17:00

会場: 国連大学前広場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)※Farmer’s Market @UNUと同時開催!

主催: 渋谷青山通り商店会

共催: Good Coffee、Farmer’s Market Association

 

 

10月1日は国際コーヒーの日。

 

コーヒーの生産量No. 1を誇るブラジルが9月に収穫期を終え、新しい生産期を迎えるため、国際コーヒーの日に定められた10月1日。コーヒーの新年度。(理由は諸説ありますが。)
さらに、日本では秋冬期にコーヒーの需要が高くなることから、全日本コーヒー協会によって10月1日が「コーヒーの日」と定められました。

読書の秋、芸術の秋、といいますが、やっと秋めいてきて、あたたかいコーヒーが美味しくなる季節でもあると思います。

おうちや、お気に入りのコーヒーショップでゆっくりコーヒーを過ごす秋の日も素敵ですね。

おすすめの記事
コーヒー初心者もマニアも大満足。表参道KOFFEE MAMEYAさん
忙しい朝にもぴったり♪たった4分で本格的な美味しいコーヒーが淹れられる方法

 

それでは、コーヒーとともに、素敵な秋の日々を。

You may also like

Leave a Comment